あー タコス 喰いてー


ログログシール説明

トップ

そして、フッ、消えた…
by maskedhiroki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

という事で、これにて終了。
ご愛顧頂だいた方々、
ありがとう。
和田ラジヲのここにいます
アメリカン・フットボールの攻撃の流れ
アメリカン・フットボールでは、攻撃権は 4回与えられ、ボールを 10ヤード進めればさらに 4回の攻撃権が与えられる。
しかし、4回目の攻撃で 10ヤード進んでいなかった場合、4回目の攻撃のダウン地点から敵の攻撃が開始されてしまう。
よって一般的に、4回目の攻撃では次の行為が取られる。
・10ヤード進められそうであれば普通に攻撃
・10ヤード進められそうもなく、ゴールまで 30ヤード以内であればフィールドゴール
・10ヤード進められそうもなく、ゴールから遠ければパント
特にパントは、次の敵の攻撃距離を長くし、得点されることを防ぐと共に、次の敵攻撃が失敗して自チームに攻撃権が戻ってきた際に、ゴールへの距離が短くなるという、フィールドポジションを有利にするために大変重要な行為である。
これらにより、攻撃では 3ダウン以内に 10ヤード進め、4ダウンではキック攻撃が採用される、というのが定石となっている。
言い換えれば、3回の攻撃で 10ヤード、1ダウン平均 3.3ヤードを進めることができれば、タッチダウンまで攻撃を継続できるのである。

しかし 3.3ヤード (約 3m) というと短い距離の様にも思えるが、この距離を進めるのがなかなか難しい。守備チームの巨漢ラインメンをかわすのは困難で、それをかわした後には俊足ラインバックスのタックルが待ち構えている。一般的なランプレイでは、2~3ヤード進めるのが一般的で、この 3.3ヤードをキャリーするのは至難の業の様だ。
これを可能にするのが、パスプレイの可能性、及びフェイクである。敵チームにとまどいや混乱を招きつつボールを進め、バックス・ラインと協力することで、ランプレーは成り立っていると言える。

こういう泥臭いのは嫌、守備ラインを超えてパスプレイに勝機を見出したいと思うところだが、こちらはこちらで難しい。
パスを投げる先には守備側のバックス陣が待ち構えている。パスは成功率が 100%ではないだけではなく、守備バックスにボールを奪われる (インターセプト) 危険もある。また、パスを投げる者がパスを受け取る者を探している間に倒される (サック) 可能性もある。

総じて、ランは堅実だが 10ヤード届かない場合があり、パスは危険が伴う博打であるという事だ。これらのバランスを取りながら、ダウン数とボール位置に応じて攻撃の戦略が立てられている。

1回目の攻撃 (ファーストダウン) では、比較的自由度が高い。一気にパスを狙ってくる場合もあるが、多くはランプレーとなる。
2回目の攻撃 (セカンドダウン) では、どちらかと言えば堅実なプレーが選ばれる。ファーストダウンがランプレーであれば、ラン、ないし短いパスを確実に繋ぐのが定石。ファーストダウンがパスでかつインコンプリートであった場合など、10ヤードまでの距離が長い場合は、少々長めのパスを狙って次のダウンで 10ヤード進めるための下地を作る。
3回目の攻撃 (サードダウン) は、シメの攻撃となる。10ヤードまでの距離が短ければランで確実にボールを進めてくる。距離が長ければ、一か八かのロングパスで勝負に出る。
4回目の攻撃 (フォースダウン) では、もし10ヤードまで 1ヤードを切っていたり、敵に大量リードを許している場合はそのまま攻撃を行う事もある。しかし一般的には、先述の通りキックが選択される。

但しこれらは定石であって、実際のプレイでは定石の逆を突いて敵の裏をかくといった事が頻繁に起こる。そういう心理戦の要素こそアメリカン・フットボールの真の面白さである。
[PR]
by maskedhiroki | 2005-01-31 23:07 | フットボール・アワー
<< アメリカン・フットボールの攻撃 アメリカン・フットボールの概要 >>